スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空チャックを作る その2

こんにちは。最近少しずつ涼しくなってきましたね。

 それでは真空チャックの続きです。

前回のチャックの改善案として以下のようなことを考えました。

・テーブルを一体型で作って空気の漏れをなくす。

・掃除機ではなく注射器を使って空気を吸う。

・吸引する体積を小さくして注射器でも吸えるようにする。

というわけでこれを満たすように改造しました。

まず、今まではアクリルのサンドイッチで作っていたパーツを一体にしました。

t6のアクリルの側面にM4の雌ねじを切って、M4の雄ねじを切ったパイプを埋めました。

さらにレーザー加工機で表面にポケット加工をしてパイプとつなげています。

ついでにリング型にカットしたラバーを埋める部分も彫刻しました。

断面図はこんな感じです。

f:id:VenusM:20100910172048j:image:w350

わかりづらいでしょうか?実際にできたものがこちらです。

f:id:VenusM:20100910172051j:image:w350

これにアクリルプレート載せて使います。

f:id:VenusM:20100910172049j:image:w350

フルセットがこちらです。これでバッチリ吸うはずです。(右は前回のテーブルユニットです。)

f:id:VenusM:20100910172050j:image:w350

さて期待の結果ですが・・・・うまくいきませんでした。

吸引力は確実に上がったのですが、ラバーとプレートの隙間から確実に漏れてます。

ラバーとプレートの密着部分が均等に力を受けていない模様です。

次回はラバーの部分をブ厚くして再挑戦します。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

EMAIL:
IP:
コメント有難うございます。今のところラバーとシリコンゴムのOリングを用意しています。ソルボセインがうまくカッティングできれば、テストしてみます。

EMAIL:
IP:
ラバーの代わりにソルボセインは使えないのでしょうか?
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。