FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空チャックを作る その1

 こんばんは。最近暑すぎです。昼間外に出たくなくなります。

さて今日は真空チャックの紹介です。

当然のことながら加工するときは材料を抑えなくてはなりません。

しかし、この当然のことがかなりクセモノです。

普通は専用の治具を作ったり、両面テープで止めたりして加工します。

今回対象にしているのはアクリルプレートへの彫刻です。

この程度なら両面テープで充分です。

しかし、大人数に対してデモをやる予定なので、テープと時間の無駄です。

デモをやるときは、一人あたりの時間をどれだけ削れるかが勝負なので、少し手間をかけてでも削れる時間は削るべきです。

というわけで手間なし一発ポン!の真空チャックを作りたいと思います。

(ホントはやってみたかっただけで口実なのですが)

真空チャックとは簡単に言うと空気を抜いてやって、その負圧を利用して固定するチャックです。

つまり、材料と密着するテーブルを作って、そこの空気を抜けばOKというワケです。

f:id:VenusM:20100906195451j:image:w400

空気の抜き方は様々ですが、手元にあった掃除機を使いました。

f:id:VenusM:20100906193307j:image:w350

こんな感じです。

アクリルを主体に使っています。

アルミのパイプは雄ねじをきってあるのでそこから空気は漏れません。

左の栓ユニットを掃除機に付けて、チューブで繋がった右のテーブルユニットの空気を抜きます。

これで理論上はうまくいくはずです!で、結果はうまくいきませんでした。

ダメな理由を考察します。

・掃除機の栓がだだ漏れで機能していない

・テーブルユニットからも空気が漏れてる

というわけでこれらの点を改良します。

要するに隙間をなくすように改良すればいいわけです。

f:id:VenusM:20100906193308j:image:w350

そこで、このような天然ゴムのスペーサーを追加しました。

前回ヒューマノイドに使ったものと同じものです。

ただ今回はレーザーで加工しました。非常に美しく加工できるようです。

スペーサーだけではなく、対象の形状に近いカバーも作りました。

これでアクリルプレートとしっかりくっついてくれるはずです。

掃除機の栓のユニットにもエヴァスポンジをかませて漏れをなくしました。

で結果ですが、空気の漏れは少なくなりましたが掃除機がイカれました。

掃除機は本来空気を吸い続けるものなので、吸うものがなくなるとモータなどがヤバくなります。

ちょっとならもつと思ったのですが、一瞬で死んでしまいました・・・

というわけで次の改良になるわけですが、長くなったので続きは次回にしたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。