スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

audio-technica ATH-EQ300Mのプラグ交換

 こんにちは、またまた1ヶ月あいてしまいました。
別に活動していないわけではないのですが、研究関連のモノづくりが多く、論文発表より先にブログに書けないという状態です。

 今日はまたまた雑談扱いの、audio-technica ATH-EQ300Mの修理兼プラグ交換です。
今回はイヤホンプラグの付近で断線したらしく、モノラルのスピーカーになってしまっているので修理しました。

audio-technica ATH-EQ300M

このスピーカーは主にXperia acroに繋いで音楽を聞くのに使っています。
ATH-EQ300Mのプラグはストレートになっていて、本体横にジャックがあるXperiaをポケットに入れて使用していたため、プラグ付近でストレスが掛かって断線したようです。
買った自分が悪いのですが、本体の横なんてジャマな場所にイヤホンジャックを配置したのか謎です。
ストレートではあまりにジャマなので、修理のついでにプラグをL字のものに交換します。

交換するプラグは手持ちが無かったので、100均で適当なスピーカーを購入してそこからもらいました。
100均のイヤホン
ご覧のように非常にチープでプラグも金メッキではありませんが、おそらく私の耳基準で問題はないと思います。

まずはプラグから少し離れた位置でケーブルをカットします。
イヤホンプラグの接続
こういうケーブルの中身は皮膜線が通っていると思ったのですが、エナメル線が中に入っているんですね。
ATH-EQ300Mは赤と銅、緑と銅の組み合わせで、100均のイヤホンは赤と銅色、青と銅の組みわせでした。
銅はおそらくGNDで、規格があるのか知りませんが赤と赤が繋がるのではないかと思いました。
一応念の為に、テスターでチェックすると銅はGNDで赤と赤、緑と青という予想通りのものでした。

早速、線をハンダ付けしてプラグを交換します。
色つきの線は熱収縮チューブではハンダ後に覆い、GNDはむき出しのままにし、全体をまた熱収縮チューブで覆いました。
本当はGNDも熱収縮チューブで覆ったほうがいいかとも思いましたが、100均のケーブルがヒートガンの熱にすら耐えられないくらいのヘタレだったので、めんどくさくなってしましました。
修理したのがこちらです。
プラグの交換
修理後実際に使用して確かめましたがちゃんと直っていました。
音の変化は私にはわからなかったのでよしとします。

 今回はATH-EQ300Mのプラグの交換について書きました。
次回はもう少し面白い内容を書きたいものです。それではまた。
スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。