スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mini-CNC BLACKIIをちょこっと改造

 お久しぶりです。やっと院試も終わりました。

希望通りの研究室に内定したので一安心です。

 

 今回は、研究室で新たに買ったmini-CNC BLACKIIをいじりました。

BLACKよりも洗練されたカッコいいデザインとなっています。

ツッコミどころ満載だった電源周りも、だいぶ改善され安全になっています。

ただ、まだ僕好みではないのでちょこちょこっといじっていきます。

 まずパイロットランプです。これは趣味がどうこういう問題ではなく、安全のために付けるべきです。

なぜかオリジナルマインドは、人が見える場所にパイロットランプを付けません。

今回は前回とは違って面が光るLEDを使ってみました。

f:id:VenusM:20100830185724j:image:w300

このLEDのパッケージには3つのLEDが入っています。

二つのパッケージを合わせると合計6つ、それをすべて直列につなげています。

この基板は100均(ダイソー)で買ってきたマグネットクリップで挟んでくっつけています。

両面テープなどのテープ類が嫌いなので、綺麗に取り外しができるマグネットを使いました。

電源はスイッチから拝借して、GNDは付属の基板のGNDにハンダ付けしました。

f:id:VenusM:20100830185725j:image:w300

こんな感じに綺麗に光ります。

(追記:すみません、スイッチ入ってないので光ってないです・・・)

 次は空冷用のファンを付けます。

DCモータは長時間の加工をするなら冷まして上げる必要があると思います。

ファンはPC用のファンを適当にジャンクから探してきて付けました。

DCモータから電源を借りると、モータと連動して動くので無駄がありません。

ちなみにDCモータは付属のものではなく別途用意したものです。

ただ穴位置などは同じなので、付属のモータでも同じ方法でファンが付けられます。

f:id:VenusM:20100830185727j:image:w300

アルミ5052 t1の板からファンのステーと安全カバーをつけました。

モータをマウントしている穴を使うのがベストだと思います。

f:id:VenusM:20100830185730j:image:w300

組み立てるとこんな感じです。なかなかイカしてます。

f:id:VenusM:20100830185729j:image:w300

で組み付けるとこんな感じです。自分的にはよく馴染んでいると思います。

オリジナルマンドの加工機は自分で改造するととても楽しいです。

今度は加工テーブルを使いやすくしたいと思います。

スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。