スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

机の上で遊べるロボットが欲しい その9

 最近更新が遅れ気味ですみません。

今月で良くも悪くも開放されますのでちょくちょく更新したいと思います。

 さて今日はロボットの足裏に使う衝撃吸収素材の話です。

ロボットが歩くと結構な負担がサーボモータにかかるので、少しでも負担を減らすため衝撃吸収素材を使いたいと考えました。

今までは硬い足裏にグリップ用のビニールテープを張る程度でした。

しかし、これでは衝撃吸収は見込めません。

さらに少し改良して、グリップにスポンジを使ってみましたが、どんどん潰れて衝撃吸収能力があっという間になくなってしまいました。

そこでソルボセインというシートに注目しました。

ソルボセインは東急ハンズで買える衝撃吸収素材です。

似たようなものが靴のインソールとして販売されています。

丁度友達がソルボセイン(ハードタイプ)の大きなシートを持っていたので、どのくらいイカした素材なのか実験しました。

実験方法は生卵をソルボセインの上に落下させるという単純なものです。実験は卵が割るまで同じ卵で連続して続けます。

せっかくなので高速撮影が可能なデジカメで撮影してみました。

f:id:VenusM:20100811132737j:image:w350

落下中の写真です。生卵は落下中に中身が動いて姿勢が変わるので腹から落ちたり頭から落ちたりします。

そのへんはまぁ仕方ないと諦めてガンガン落としていきます。

f:id:VenusM:20100811133155j:image:w350

30cmまでは全然平気です。しかし、40cmでは・・・・

f:id:VenusM:20100811133156j:image:w350

割れてしまいました。割れた瞬間時が止まったように感じるショックが・・・

しかし、ここで疑問がわきます。

もしかして、いままでの落下ですでにダメージを受けていたのでは?

ということで新しい卵で試したところ見事40cmをクリア。

その後50cmでヒビが入り実験終了となりました。

(これ以上割ると食べる役の人がかわいそうなので)

結果的にはソルボセインは40cmまでなら卵を無傷(見た目)で守れる程度の衝撃吸収能力があるということがわかりました。

なかなかよさそうなのでロボットの足裏に採用してみようかと思います。

スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。