スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザマウスをばらしてみる

 こんばんは。最近は卒研の打ち上げなどで飲み会が多くて楽しいです。

ただ、親知らずが痛くて熟睡できないし、ご飯食べづらいのでちょっと鬱です。

歯医者を予約したので、この苦痛は今週限りと信じたいです。

 

 本題です。ちょっと前にレーザマウスをばらしてみたのでそのことをまとめます。

ばらしたのはGLM-01というドスパラのPCについていたマウスです。

f:id:VenusM:20110220014622j:image:w300

裏側のねじ穴カバーを外すとネジが3本あるので、それを抜けば簡単に開きます。

f:id:VenusM:20110220014623j:image:w300f:id:VenusM:20110220014624j:image:w300

中身は上図の通りです。このマウスはモードによって、色が赤と青に変わります。

この発光させるために付けたLEDの付け方がイカついです。

赤と青に発光するLEDではなく、赤と青のLEDを横に並べているのには驚きました。

また、無理やり伸ばしている後ろ側もかなりのパワープレイです。

サイドのボタンは、秋月とかで売ってそうなタクトスイッチが使用されています。

ボタンのカバーはプラスティックでできていて、その弾力を利用してスイッチを押します。

余計なギミックがないので、低価格かつある程度頑丈で優れた機構だと思います。

左ボタンと、右ボタンはTTC製のマイクロスイッチが使われています。

ここもカバーの弾力でクリックします。

しかし、この機構はいただけないと思います。

調べると、TTC製のマイクロスイッチは良く壊れるようです。

マイクロスイッチ自体の信頼性ももちろんありますが、直接スイッチに力がかかるので、簡単に壊れるのではないでしょうか?

私も、マウスが壊れるときはだいたい左ボタンが死にます。

左クリックはマウスで一番行われる操作だと思うので、もう少し信頼性のあるパーツと機構にしてほしいと思います。

 次に、モード切り替えスイッチやサイドスイッチの基板をはずすと、メインの基板が見えてきます。

f:id:VenusM:20110220014626j:image:w300

このマウスのCPUは、樹脂で封印されていて確認できませんでした。

レーザの発光素子の電源とGNDがむき出して、今にもショートしそうで非常にハラハラします。

この辺は通常無負荷なはずなので、これでいいという判断なのでしょうか?

中を見てしまったのでちょっと不安になります。

基板の裏面です。

f:id:VenusM:20110220014625j:image:w300

レーザの受光面はしっかりとプラスティックのカバーがされています。

気のせいかもしれませんが、裏面の半田はムラがあるような気がします。

もしかして人力で半田しているのでしょうか?

今回はマウスをばらして、ただグダグダ書くだけのわけのわからない記事になってしまいました。

ただ製品をばらすといろいろと勉強になります。

それと今度ブログをFC2あたりに移動します。

デザインがいじりづらいし、なぜか文章の隙間とか勝手に整形するのでイライラします。

調べれば解決するのかもしれませんが、過去の経験でFC2がいじりやすかったのでそちらに乗り換えようと思います。

スポンサーサイト

FT232RLを使ってみる

 こんにちは。お久しぶりです。

今日はFDIchipのFT232RLを使ってみました。

今まで、RS232CインターフェースICを使っていましたが、各方面でFT232RLを目にしましたので変更してみました。

本当は使いたいものがあったのですが、入手性などの問題から秋月の

FT232RL USBシリアル変換モジュール ¥950を使用しました。

これで今までは

RS232CインターフェースIC ADM3202AN(DIP) ¥200

USB・シリアル変換ケーブル ¥950

の構成から変換モジュール一個で済むようになります。

ちなみにSH7125での使用を前提にしているので、5 [V]で使用しますが、STMなどのマイコンでも使える3.3 [V]も出力してくれるので長く使えそうです。

シリアル変換モジュールはマイコンとは一緒に載せずに、別のモジュールに分けました。

これで一つのモジュールでいくつものマイコンに対して使う事ができるので省スペースで経済的です。

モジュールの見た目はこんな感じです。

緑の角型LEDを仕込んで、USBと接続すると光るようにしました。

その他は普通に配線してあります。

f:id:VenusM:20101213161601j:image:w350

ミニBのUSB側がPCとつながり、3線がマイコンとつながります。

3線の中身ですが、GND・TXD・RXDとなっています。

3線はサーボ用のコネクタを使って、長さを自由に変えられるようにしました。

モジュールの電源はUSBからもらい、マイコンは別にACアダプタからもらっています。

ここで、ハマった点を書いておきます。

・モジュールのTXDとRXDはマイコンのRXDとTXDにクロスしてつなげる。

・シリアル変換モジュールとADM3202を同じボードに載せてはいけない。

一つ目はすぐにわかりましたが、二つ目でだいぶはまりました。

昔作ったSH7125のテストボードに載せたのですが、ADM3202に吸われたせいで、うまく動作しませんでした。

友人や先輩からの助言でADM3202を取り除いたところうまくいきました。

f:id:VenusM:20101213161602j:image:w350

いろいろはまりましたが、無事TTLレベルでの通信ライフを送れそうです。

TTLはノイズに弱いと聞きましたが、普通に使っている分には問題ないようです。

せっかくここまでやってもロボットを作る暇がないのが泣けてきます。

ちょこちょこやって、卒研が終わったら一気に完成させます!

正誤表

回路シミュレータでスッキリわかる!アナログ電子回路のキホンのキホンで間違っているところがあるとこの前書きました。

せっかくなので秀和システムにメールしてみたところ以下のような回答がありました。


●45ページ 図2-4-8 負荷抵抗の電力の式の分母

【誤】(出力抵抗×負荷抵抗)^2

【正】(出力抵抗+負荷抵抗)^2

●152ページ コイルやバリコンでのチューニング 6、7行目

【誤】 直列に繋げ

【正】 並列に繋げ


というところがやはり間違っていました。

というか普通の人はわざわざ直す必要すらないレベルの間違いだったのでしょうか?

そんな気がします。

担当者からは丁寧にお詫びの文章があり、回答も二日以内で好感が持てました。

また見つけたらぜひ送って見たいと思います。

今は一番やりたいフィルタのあたりを学んでいます。

やはり実際にモノを作って学んで見たいと思ってきました。

こういう時にプログラムとかだったら指を動かして確認できるので便利だと思います。


ちなみに昨日はクリスマス。

今年は2個もクリスマスパーティーがありケーキを2回も食べてしまいました。

みんなクリスマスに予定がないなんてなんか悲し・・・・


水曜シアター9でアサルト13要塞警察を見ました。

爽快アクションじゃなかったです。

やはり水曜シアター9は頭を空っぽにしてみれるアクションを流してもらいたいです。

回路を勉強中。はぁ~

 さて前に回路を勉強していると書きました。

今も絶賛勉強しております。

とりあえずあと半分くらいです。

キホンのキホンは基本的にはわかりやすいのですが、話をぶっ飛ばすところがあります。

帯にあるように回路を一回触れた人が知識の確認で読むのがいいのかもしれません。

プルアップとか説明無しで出てきます。

あとちょいちょい計算結果や式が間違っていて悩みます。

ちなみに最初の方に出てくる、「重ね合わせの理」の計算が答えしかなくてう~んと思いました。

受験時代を思い出します。そこで頑張って計算してみました。

f:id:VenusM:20091222005032j:image

こんな回路を電源ごとに分けます。

f:id:VenusM:20091222005031j:image

こんなのと

f:id:VenusM:20091222005030j:image

こんなのになります。

f:id:VenusM:20091222005028j:image

で頑張って計算するとこんな感じになります。

計算めんどい・・・

アナログ回路はどうも数学との戦いらしいです。

友達曰くこんな計算は楽な方だそうです。

そういえばまだ複素数使ってないですもんね。

それじゃ後半戦頑張ります!

アナログ回路をはじめよう

 最近色々と私生活で余裕がありません。

今年の冬休みはゆっくりテレビどころか色々勉強するハメになりそうです。

ミクはどうせサーボが届かないからできないからいいですが・・・

さて第一弾としてアナログ回路を学ばなければなりません。

前からやる予定だったのですが、こんなに突貫でやることになるとは思ってもみませんでした。

早速Amazonで

回路シミュレータでスッキリわかる!アナログ電子回路のキホンのキホン

電子回路シミュレータLTspice入門編

を購入しました。

とりあえず、回路のキホンのキホンを読んでいますがわかりやすいです。

ただし式を使わないことに固執しているような気がします。

別に参考程度に載せてもいいのになと思いますが、そのへんは好みでしょうか?

さてこれを新年位までになんとか読みきってモノを作らないとやばいです。

f:id:VenusM:20091219022350j:image:w320

バンザイではなくお手上げです。

自分に一言。頑張れ!

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。