スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人の就職を祝う

お久しぶりです。

友人の誕生日を祝うで祝った友達がめでたく就職しましたので、プレゼントを作りました。

その友人はイタリア料理屋で真面目にバイトしてたので、イタリア料理が上手です。
というわけで、プレゼントついでに料理を作ってもらえるように、料理道具をプレゼントしました。

料理道具としてまな板を選定し、”まぁまな板にレーザー彫刻でもしてプレゼントすることにするか”と仲間と話し合い決めました。
そして、レーザー彫刻するなら、これのオープニングに出てくるアレ風にするしかありません。
何を隠そうネットで話題になる前からMOCO'Sキッチンの大ファンだった私は、これがやりたくして仕方ありませんでした。

作り方としては、
1.友人の顔写真を入手する
2.余計な背景を消す
3.8bitくらいのグレースケールに変換
4.変換後顔の影などが気になれば、変換を取りやめ、影などを消したり、潰したりする
5.気に入ったグレースケールができたら、適当に似ているフォントを選び文字を入れる
6.適当な木のまな板を買ってきて、レーザー彫刻を行う
7.彫刻後サンドペーパーなどで表面を仕上げる

という具合です。
実際には西友で買ってきたまな板の出来が酷かったので、切ったり削ったりしてます。
また、友人の名前がたまたま元ネタ(MOCO'S)に近かったので良かったですが、遠い場合はなんとかもじって寄せてください。

出来たまな板が以下のモノです。
MOKU'Oまな板
実用に耐えうるよう表面の強度もろもろを考えて、彫刻の深さは薄めにしました。
あと時間がなく同じフォントを探したり、作ったりすることができなかったので、そのへんは時間を作ってやればよかったと反省してます。

これがプレゼントしたときの友人です。
MOKU'O


プライバシーを尊重してメガネをぼかしてます。
しかしこの写真からでもうれしそうな笑顔が伝わります♪
その後友人にイタリア料理を作ってもらい、楽しい飲み会となりました。
この仲間達とは大学出たあとも付き合って行きたいです。

プレゼント制作班の人お疲れ様でした。
MOKU'Oくん就職おめでとう。

それでは、今回は終わりです。
スポンサーサイト

iPadが支給されました!

 こんばんは。久しぶりです。
最近は、研究室で新人セミナーや、その他課題が多くて余裕がありませんでした。
書類を出し終わればやっと一息付けそうです。
 今日は軽いネタです。
うちの研究室でiPadを支給されたので、今さらiPadネタです。
iPad2じゃないので悪しからず。
保護シートを、以下の動画を参考に貼りました。



ipad_01
             Fig.1 気泡だらけのiPad

 Fig.1のように気泡がでても、気にしません。
エアスプレーはなければないで、大丈夫だと思います。
気泡はプラスティック製のカードで押し出していけば結構取れます。
その後、どうしても気泡が残る部分は、ホコリが入っているので、セロテープでペタペタ取ります。
保護シートは粘着力を落としたセロテープでつまみ上げます。
セロテープを机でペタペタやれば、すぐに良い感じの粘着力になります。

ipad_02
             Fig.2 ほら、きれいに・・・あれ

 Fig.2のようにきれいに貼れ・・・あれ、変な気泡が・・・
下の方にある気泡は、調べたところ保護シートの傷が原因のようです。取り除けません・・・
皆さんは安物じゃないちゃんとしたやつを買うことをおすすめします。
ちなみに、見れば分かるとおり、光沢シートはすごく映り込みます。
個人的にはツヤ消しがいいのではないかと思います。
iPad2に駆逐される前にツヤ消し買おうかな。

ipad_03
             Fig.3 とりあえず完成

 諦めて、早速使い出しました。100均で買ってきたFig.3のようなフワフワするケースをインナーケースとしました。
iPad本体には塩ビ製のケースを付けました。
これで本体を傷から守れますし、手から滑り落ちにくくなります。
今なら、ケースはAmazonとかで500円以下で売ってると思います。
次回は機会があれば、アプリネタです。

テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

本棚をプチ自作する!試作編

 こんばんは。先日、なんとか卒業式があり無事卒業できました。
短かったような長かったような不思議な気持ちです。
これから院の2年間が始まります。悔いのないよう全力で頑張ります。

以下、本文の本棚プチ自作です。
1.目的
 最近、マンガを買い集める病気がひどくなり、本棚に収まりきらなくなってしまいました。
うちの本棚は部屋に備えつけられているので、簡単には外すことは出来ません。
そこで、本棚の仕切りを新造して、いままでよりも収納力を上げることにしました。
備え付けの仕切り板はある程度動かせますが、マンガを置くのにちょうど良い位置に動かすことが出来ません。
図1(a)のように不要な隙間が生まれてしまいます。そのため、本棚が持つ本来の収納力を発揮することが出来ません。
 そこで、(b)のように本棚の仕切りを新造することで、本来の収納力を発揮しようという計画です。
[本棚仕切り]概念図1 [本棚仕切り]概念図2

        (a)備え付けの仕切り板          (b)新造する仕切り板
                図1 本棚の仕切り板概念図

2.製作方法
 本棚の材料及び加工ですが、ホームセンターで20mm程度の適当な板を買ってきて釘で打ち付けます。
本来は木ネジを使ってつくりたいのですが、電動工具を持っていないので釘で頑張ることにします。
組み方は、図2(a)のようなこの字になるように組みます。
このときに(b)のように組み合わせると、過負荷で接合部が壊れてしまう可能性があります。
(b)のように組むときは接合部の強度などを熟考する必要があります。
ちなみに、550 [mm]の幅の本棚に青年誌を横いっぱいに載せると、約7.4 [kg]の重さになります。
[本棚仕切り]概念図3 [本棚仕切り]概念図4
       (a)簡単に強度がでる組み方         (b)強度確保が難しい組み方
                 図2 仕切り板組み方

仕上げですが、湿気がある場所ではないので塗装はせずに、サンドペーパーで仕上げます。

3.試作
仕切板の製作の強度テストや寸法チェックのため、適当な数を試作してテストします。
後日、テストをクリアしたら本格的な量産を行います。
ホームセンターで切ってもらった材料を図3(a)に組み上げた試作品を(b)に示します。
[本棚仕切り]試作品材料 [本棚仕切り]試作品完成図
       (a)切り出した材料                 (b)試作した板
                   図3 今回の試作品

4.結果
 結果は良好で、十分な強度を確保でき、寸法もピッタリでした。
少しピッタリ過ぎるくらいのほうが、仕切り板が不用意に動かず安定します。
ただし、ピッタリ過ぎと本棚に入らず、かなり微妙なさじ加減なので少し余裕を持たせた方が安全です。
ホームセンターのカットサービスは誤差が2~3 [mm]位出るようですので、係の人と話あったほうがいいと思います。
アドバイスですが、ノコギリで切ろうと思った人はおとなしくホームセンターのカットサービスを受けたほうが、早くてきれいな仕上がりになると思います。ワンカット10~20円程度です。
また複数の板を同じサイズにカットするときは、大体まとめてやってくれるのでお得です。
 それではこのまま量産体制に移りたいと思います。

ゲタを作る

(年末に書いてアップするのを忘れていました。)

 今年も残すところ1日です。

毎年あまり代わり映えのない一年を送っているような気がします。

 今回は忘年会のコスプレに使ったゲタの話です。

今年の調布はゲゲゲの女房の影響で、大変盛り上げっていました。

そこで忘年会にゲゲゲの鬼太郎がコスプレの衣装として選らばれたのですが、予算の都合でゲタがないということになり、急遽用意しました。

その辺にある木材の端材でできています。

ゲタなどはいたことがなかったので、ネットで調べながらノリとカンで図面も作らずに作業をしました。

仲間と作ったのですが、あの適当な会話のやりとりでよく形になったと今でも思います。

作り方ですが、適当に切った板に釘と木目ネジ(本当は釘だけの予定でしたが、強度不足のために木目ネジも追加しました。)で足を打ちつけ、紐が通る穴を開けておきます。

f:id:VenusM:20101230154358j:image:w350

その後ラッカー(鉄・木部用)のクリアでコーティングをします。

私は3度コーティングしました。

f:id:VenusM:20101230154359j:image:w350

その後適当に紐を通して、見よう見まねで結べば完成です。

本当は太い紐が欲しかったのですが、ダイソーではこれが限界だったので、二重に通して強度を確保しています。

f:id:VenusM:20101230154357j:image:w350

以上、超簡単なゲタ作りでした。

 それでは皆さん、良いお年をお迎えください。

友人の誕生日を祝う

 こんばんは、最近寒いですね。

 前回、真空チャックが出来たのが嬉しくて先に書きましたが、その前に友人の誕生日プレゼントを作りました。

去年はストラップを作ったので、今年もストラップにすることにしました。

ストラップならどこにでも使えるという優しさからです(←嫌がらせともいいます)

 そんな今回は去年よりも良いモノをということで、豪華な仕様としました。

t2のアルミ板にt2の真鍮で切り出した文字を圧入して金色の文字を入れます。

今回の加工機はHAKUを使っています。

こんな感じで文字をはめていきます。

f:id:VenusM:20101025003719j:image:w350

全てはめるとこのようになります。

しかしHAKUの精度がイマイチでしっかりとはめあえてません。

KIRAを使えばよかったです。

f:id:VenusM:20101025003720j:image:w350

仕上げに磨いてストラップからもぎ取った紐をつけます。

f:id:VenusM:20101025003721j:image:w350

これで完成です!!

 これを付ければ皆からイケメンといってもらえること間違いなしです。

ちなみにこれをあげた友人は微妙な笑顔で喜んでくれました。

家に大切に保管しておくとのことです。

そのうち付けてくれるでしょう。

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。